トップページ事業の概要 → 次世代映像技術

次世代映像技術

次世代映像システムをご提案します
スーパーハイビジョン

NHKが開発したスーパーハイビジョン(縦横ともにハイビジョンの4倍の解像度を持つ高精細映像とマルチチャンネル・サラウンド音響システムによる超高臨場感システム)の設計・設備施工・展示支援を行います。

    | 導入実績 |
    九州国立博物館スーパーハイビジョンシアター
    (2005年太宰府,設計・設備施工)
    開国博Y150スーパーハイビジョンシアター
    (2009年横浜,設計・設備施工)
    愛・地球博スーパーハイビジョンシアター
    (2005年長久手,設計・設備施工)

    | 展示実績 |
    CEATEC2006
    (2006年千葉,シアター設営・運用)
    NAB SHOW2006・2007・2009
    (アメリカ,シアター設営・運用)
    IBC2006・2008
    (オランダ・アムステルダム)

九州国立博物館シアター4000


愛・地球博(イベント展示)
単板カメラシステム

NHKで開発された多画素・大面積の単板カラー撮像素子を用いることにより,従来の放送用カメラと同等以上の撮像特性を実現しました。映画用レンズなど豊富なレンズバリエーションも利用可能で、放送用カメラの新しい映像表現が広がります。

| 撮像素子仕様 |
800万画素単板カラー撮像素子,1.25インチ光学系,60フレーム/秒,順次走査


単板カメラで使用する撮像素子
3D映像システム

高精細4K映像技術をベースとした、コストパフォーマンスに優れた3D映像システムをご提案致します。イベントや美術館等の展示、パブリックビューイングなどへの展開の他、医療・産業応用など、様々な分野への展開を図っていきます。

     

4K-3Dディスプレイ