NES

03

8K関連技術

医療分野、特に内視鏡手術の分野に8K技術を応用していくためにはカメラの小型化が必要です。そのため、アスペクト比を1:1とするスクエア・イメージング技術と有効対角長8.8mmの小型センサによりカメラの小型化を実現しました。

スクエア・イメージングは、円形の視野を持つ光学機器全般との親和性が高い特徴があります。内視鏡手術の医療用途だけではなく、望遠鏡、顕微鏡、魚眼レンズとの組み合わせなどが可能で、さまざまな特殊撮影に利用することができます。

小型8K解像度カメラ

8K関連技術
共同開発:池上通信機㈱

天体望遠鏡に装着して撮影
8K関連技術

顕微鏡に装着して撮影
8K関連技術